今日の運勢
9月25日(日) 1位 魚座 総合運 ★★★★★ 詳しく見る >>

熾烈な戦いのスタート!!12星座【マウンティングバトル】ランキング 相手を蹴落としトップに君臨するのは○○座!

ファーストクラス
※画像はドラマ『ファーストクラス』公式サイトより

 沢尻エリカの8年ぶり連続ドラマ主演で話題となっている『ファースト・クラス』(フジテレビ)。女性ファッション誌の編集部を舞台に、マウンティングし合う女性たちのバトルが描かれています。「マウンティングって何?」と首を傾げているそこのあなた! そんなのんびりしたスタンスだと、マウンティングバトルに巻き込まれた際、生き残れませんよ。マウンティングとは、上下関係の格付けのこと。「彼女よりは上」「彼女よりは下」など女同士の熾烈な闘いに勝利するのは、12星座中どの星座でしょうか?

第1位 山羊座……出世するために生まれてきた星座

 山羊座と書いて「野心」と読みます! そう断言してもいいくらい、山羊座は上昇志向の強い性分です。社会の中で、自分が今どのポジションにいるのか、そのことばかりを考えています。元々は攻撃的な星座ではないので、目的もなく他者を陥れるようなマネはしませんが、自分の出世を邪魔する存在に対しては別! たっぷりと時間をかけて、その人物を奈落の底へと突き落とします。また、目上の人間に媚びるのが上手……もとい上から可愛がられるタイプなので、最終勝者となれるのです。

第2位 獅子座……他の星座を寄せつけない女王様気質

 獅子座にとって、三度のメシより大好きな言葉……それは「君臨」です。だって女王様みたいでカッコいいんだもん。私は下々の者とは違うんだもん、一緒にしないで。職場だろうとプライベートだろうと、いかなる集団においても自分が主役でないと気がすみません。幼少期から、学芸会ではお姫様を演じるなど、着実においしいポジションをGETし続けてきた獅子座は、その断固たる自己主張で、マウンティングバトルをたくましく勝ち抜いていきます。

第3位 牡羊座……得意の俊足で一番ポジションを死守

 牡羊座は「1」という数字に強いこだわりを持っています。「2位じゃダメなんでしょうか? 1位じゃなきゃダメですか?」と訊ねられたとしたら、間違いなく「ダメです!」と言うでしょうね。よって当然、コミュニティ内でもナンバーワンを目指します。そのために何をすべきなのか、具体的なプランはぶっちゃけ考えていないのですが、なんにも策がない分、とにかくハイスピードでトップへと駆け上がっていきます。あまりの速さに、誰も追いつけないのです。

 4位は乙女座。奥義・批判精神を生かしてライバルたちに毒舌を浴びせ、敵がへこんでいるその隙に高みへと登り詰めていきます。

 5位の天秤座は、「あなたのため」「みんなのため」とマウンティングに興味がない素振りを見せておきながら、陰で順位を操るタイプ。

 6位は射手座。バトルで傷つくことがあってもすぐに忘れるので回復力が早く、おかげで苦労せずに上位へとのし上がっていきます。

 7位の水瓶座は、基本的には「平等」を重んじるのですが、物ごとを論理的に考えるクセがあるため、「考えてもみたら人間平等なわけないかもね」という思考にスイッチが入った途端、マウンティング参戦します。

 8位の双子座は、フットワークの軽さを生かして、マウンティングの上位者が変わるたびに親しくする相手をチェンジします。

 9位の蠍座は、外見的にはカリスマ度ナンバーワンなのですが、ドロドロバトルは参加するものではなく観戦するものというスタンス。

 10位の牡牛座は現実を見つめる星座なので、カタチとして目に見えない格付けには興味が持てません。

 11位の蟹座は、お人好しな性格のため、マウンティングバトル敗北者たちの駆け込み寺的存在になってしまいます。

 12位は魚座。「譲る」という行動パターンがインプットされているため、狙っているポジションがあっても、「お先にどうぞ」と譲歩してしまいます。最格下でもいいんです、強い人が守ってくれるでしょうから……多分。

 容姿、仕事スキル、出身校など、あらゆる項目の総合点で競われるマウンティングバトル。トップを目指すもよし、適度な順位に甘んじるもよし、いずれにせよ火の粉が飛んでこないようご用心ください。
(菊池美佳子)

フォローする