今日の運勢
4月30日(日) 1位 蠍座 総合運 ★★★★★ 詳しく見る >>

道しるべは自分12星座【2017年の生きる道】蠍座は「目に見えない道」、水瓶座は「哲学の道」!

  • 運勢
12-2017michi

 人は誰もが運命に導かれ、星々の光に照らされて、自分自身の道を歩いていきます。2017のあなたの生きる道は、どんな道なのでしょうか? 天空の星々からのメッセージをお伝えします。

牡羊座……遠ざかる道

 2017年の牡羊座が突き進むべき正しい道は、「遠ざかる道」。前に進めば真実に近づくとは限りません。特に自分がよく知っていることほど、注意が必要です。本当の道を歩くならば、歩くほどに遠くなり、離れていくように感じるでしょう。遠ざかることで、近づいているのだと気づくことができたとき、これまでの迷いがすべて正しかったのだとわかるのです。

牡牛座……よっこらしょの道

 歩いているとき、思わず「よっこらしょ」と声が出てしまうことがありませんか。2017年、牡牛座が進むべき道は、そんな道です。ほかの人を見ると、みんなもっとスマートにサクサクと進んでいるように見えるでしょう。でも、脇見をせずに、よっこらしょと自分を元気づけながら歩けば、間違いなくこれこそが自分が進むべき正しい道なのだと気づくのです。

双子座……リズミカルな道

 2017年の双子座が進んでいくのは、「リズミカルな道」。心弾む音楽や友達との楽しいおしゃべりが、道案内してくれるでしょう。寄り道や迷い道さえ、楽しめるときです。あせって近道しなくても、回り道もOK。自分がおもしろいと思える方向が正しいのです。そのうちに、自分のペースが決まってきます。楽しげでにぎやかでリズミカルな道を進んでいきましょう。

蟹座……重たい道

 2017年の蟹座が進むべき道は、一歩一歩踏みしめて歩く、「重たい道」です。重たい道ですから、たくさんは進めません。ゆっくり、じっくり、少しずつでいいのです。一歩の重みは、これまで生きてきた人生の重みです。確かな命の重さを感じながら、自分のために、そしてなによりも大切な人のために、この道を選んで歩いて行くのだと心を決めることになるでしょう。

獅子座……スキップの道

 2017年に獅子座が進む道は、「スキップの道」。最近スキップしましたか? だいぶ、ご無沙汰しているのではないでしょうか。右右、左左、タンタ、タンタ。子どもでもできる簡単なはずのスキップが、いつのまにかできなくなっていないでしょうか。大丈夫、思い出せばいいのです。スキップで道を歩いていた頃のことを。あの頃の自分にもどって、歌いながらスキップして進むのです。

乙女座……振り返りの道

 乙女座はもともと慎重派なので、前後左右も足元も確かめながらゆっくり進んでいくタイプです。2017年はさらに、後ろを振り返りながら進んでいくことになるでしょう。ふりかえることはできても、時間を逆回しすることはできません。これまで歩いてきたことは、すべて今と、これからの未来に、生きてきます。振り返りつつ歩くことで、これでよかったのだと思えるはずです。

天秤座……自分色の道

 2017年に天秤座が進むべき道は、「自分色の道」。これまで天秤座は、その場の色に染まるカメレオンカラーで生きてきました。でも2017年は、ほかの誰でもない色を、探して進むことになるでしょう。どの色が一番似合うのか、迷うのもまた楽しいはず。本当にわからなくなったら、身近な人が教えてくれます。周りの人にはちゃんと天秤座のオリジナルカラーが見えているからです。

蠍座……目に見えない道

 2017年の蠍座が進むのは、「目に見えない道」。でも心配はいりません。本当のことは、目を閉じたほうがよく見えるのです。蠍座は、本来、目に見えないものを誰よりも敏感に感じ取ることができる人。だから人よりも傷つきやすい心を、かたくなに守ってきたのです。見えない道を進む限り、運命が守ってくれます。世間の価値観に惑わされず、心に導かれるまま行けばいいのです。

射手座……ハーモニーの道

 2017年の射手座が進むべきは、「ハーモニーの道」。射手座は1つのことに夢中になると、何も聞こえなくなりがち。でも、美しいハーモニーを奏でるためには、周りの音に耳を澄ませなくては。それぞれに違う音が重なり合って、心に響く音楽が生まれます。ともに手を取り合って、歌いながら、歩いて行きましょう。誰もが、命が奏でるハーモニーの一員なのです。

山羊座……まぶしい道

 ひかえ目で遠慮がちな山羊座は、どうしても道の端を歩くことが多いでしょう。今までは、暗い道をあえて選んできたかもしれません。でも2017年に山羊座が進むべきは、思わず気後れしてしまうくらい、「まぶしく輝く道」。まぶしい光は、強い影を作ります。山羊座なら暗い影まで、よく見えるはず。光も影も同じ裏表なのだと、もうすでに知っているからです。

水瓶座……哲学の道

 2017年に水瓶座が進むべきは、「哲学の道」です。京都の哲学の道には、「人は人、吾はわれ也、とにかくに吾行く道を吾は行なり」という石碑があります。人は人、そして自分は自分の道を進むのです。正しい道は自分で見つけるしかないのです。経験も前例も参考になりません。そして、実際の生活に役に立つかどうかではなく、自分がよしと思うことが正しいのです。

魚座……ワープする道

 2017年の魚座が進むのは、「ワープする道」です。この道を行こうと思って進んでいると、いつのまにか、とんでもなく遠くに来てしまっていることに気づくでしょう。ワープする道の、その先がどこに通じているのかは、誰にもわかりません。自分自身もワープしている最中は気づかないでしょう。1年が過ぎて、ああ、あのときがそうだったと、あとから気づくのです。

 人生の道は、交差したり、よりそったり、離れていったりします。2017年も、それぞれの道を楽しみながら、一歩一歩味わいながら進んでいきましょう。
(高橋桐矢)

フォローする
­­ ­­