今日の運勢
8月27日(土) 1位 天秤座 総合運 ★★★★★ 詳しく見る >>

年内結婚までにあと半年もある!!2014年下半期・結婚運ランキング! 第1位・牡羊座は夏から運気が上昇!!

  • 運勢
2014kouhan-kekon

 2014年前半は「電撃結婚」が目立ちましたが、後半は、「落ち着きを取り戻す」流れに変化していくでしょう。そんな中でも相変わらず「即決タイプ」は存在しますし、ウダウダと決断を先延ばしにする人もいるでしょう。しかし、全体的な傾向として「男性がなかなかプロポーズしない」と言うケースが目立つようです。一番多いのが「仕事が不安定」と言う理由でしょう。やはり経済の影響は無視できませんね。

 そんな2014年後半の結婚運はどうなるのでしょうか? 12星座ランキングでチェックしましょう。

第1位 牡羊座……夏から年末にかけて結婚運上昇!!

 「結婚か別れか」そんな切羽詰った気持ちにさせられた今年前半の流れも、7月下旬には終息。余裕を持って将来を考えることができる時期に入ってきます。牡羊座は何でも即決する癖がありますが、結婚のような人生の一大イベントの場合は、やはり熟慮も必要では? 結婚運自体は7月下旬~12月上旬に巡ってきていますし、挙式や入籍にベストな時期も、8月後半~9月初旬、9月後半~10月中旬、11月下旬~12月上旬と十分あります。これならパートナーを急かさずに、じっくりとプランを練ることができるでしょう。

第2位 射手座……ゴールインを狙うなら、夏に勝負を!

 12星座の中では「結婚願望が薄い」などと言われがちな射手座ですが、それは偏見です。確かに「束縛は嫌い」ですが、お互いに自由を尊重するカップルならばまったく問題ないでしょう。旅行、スポーツ、ライブなど一緒に楽しむ趣味があれば最高の家庭が築けるはず。結婚運が強まるのは7月上旬~12月中旬ですが、中でも7月上旬・中旬、8月後半~9月初旬、9月後半~10月中旬、11月下旬~12月中旬とゴールインのタイミングには恵まれています。「新婚旅行はどこに行くか」2人で考えるのも盛り上がりそうですね。

第3位 水瓶座……具体的なアクションは秋に決めて!

 おそらく逃してしまったのだと思いますが、2012年~2013年にも結婚の星は巡って来ていたのです。そして今年後半、再度チャンスに恵まれます。今度こそ逃さないように、以前の失敗も参考にしながら具体化していきましょう。大きなくくりでは7月中旬~12月初旬が結婚運上昇期ですが、中でも8月後半~9月初旬、10月上旬・中旬、そして12月中旬・下旬はベストな時期です。具体的なアクション、たとえば挙式や入籍、あるいは「婚約」だけでも十分でしょう。

第4位 獅子座……ビッグチャンスの到来かも

 「やっと来た!」と言う感じでしょうか。結婚を望んでいるあなたにとってはビッグ・チャンスの到来です。何も邪魔するものはありません。あなたさえ望むなら、結婚を期にステップアップも可能です。「経済的豊かさ」「社会的地位」あなたは結婚生活に何を望みますか? 時期的には7月下旬~12月上旬までが年内のチャンスですが、中でも、8月後半~9月初旬、9月後半~10月中旬、11月後半~12月下旬は挙式や入籍、あるいは婚約発表など具体的な形にするのにベストな時期です。シッカリ幸せをつかまえましょう。

第5位 魚座……「本気で結婚したい!」と思うこと

 本来は今年前半にめでたくゴールインしていたはずの魚座……ですが、今現在「未婚」ということは、チャンスを逃したか、あるいは何かが邪魔をしていたのでしょうか? しかし、占星術的には邪魔は見当たりません。ではなぜ? 原因は「あなた自身」にありそうです。あなたは「本気で」結婚を望んでいますか? いくら結婚運が巡って来ても「何となく」ではダメです。今年後半、チャンスは十分あります。7月下旬~9月下旬、10月下旬~11月中旬の時期はもっと「本気で」結婚を意識すれば、必ず具体化するでしょう。

第6位 牡牛座……タイミングを逃さなければ◎

 今までに「石橋を叩き過ぎて壊してしまった経験」はありませんでしたか? 確かに結婚は人生の一大事。慎重過ぎて悪いと言うことはないのですが、それにも限度があります。そして、やはり物ごとにはタイミングというものがあります。いったん相手の熱意を冷めさせてしまっては、もう戻って来ません。今年後半、何度か結婚につながる道筋が見えるはずです。7月末~9月下旬、11月上旬~12月下旬。時には、何も考えずパッと飛び乗ることも必要では?

第7位 双子座……自分で動くことが結婚に近づく

 何も結婚を邪魔しているものはなかったにもかかわらず、空回り……。今年前半はそんな状況だったかもしれません。しかし、後半に入るといろいろと具体的な流れが見えてくるでしょう。ただし「他力本願」はダメです。自分で決めて自分で動く。たとえば、相手の動きがイマイチ鈍かったとしても、そのせいにするのではなく、あなたが率先して動くこと。それが大事です。時期的には7月上旬・中旬、10月上旬・中旬、11月下旬~12月上旬にチャンスが巡って来ます。とにかく一歩でも前に進めば合格です。

第8位 蠍座……結婚に焦りは禁物

 今年前半は、少々慎重になり過ぎてチャンスを逃してしまいましたか? しかし、今のあなたが「即決」する必要はまったくありません。結婚を焦らずに、心行くまで恋愛を楽しんでください。そして、2人の間に「自然な気持ち」が湧いたら、プロポーズなり婚約なり結婚に向かって一歩進めばいいのです。「何が何でも○○歳までに結婚!!」などと決める必要はありません。今年後半、チャンスは何度か訪れますから、意識してみてください。それは7月下旬~8月上旬、10月下旬~11月中旬の時期です。

第9位 蟹座……夏のチャンスを逃さないで!

 結婚に関しては最高の星回りだった今年前半のチャンス。それを生かしきれなかったのは残念ですね。しかし、まだ微かに扉は開いています。7月上旬~8月上旬、ギリギリで滑り込むことは可能でしょう。それを過ぎたら、さらに難しくなりますから、せめて婚約や結納を済ませておくとか、あるいはお互いの家族に紹介し合うなどしておくと、未来が開けるでしょう。そのほかにもいくつか結婚につながる時期はありますから、少しでも前に進むように努力してみましょう。その時期は10月下旬~11月中旬、12月中旬・下旬です。

第10位 山羊座……愛を育む時期に突入

 山羊座にとってはかなりハードながらも「結婚のチャンス」には恵まれていた今年前半の流れも、7月下旬には完全に終息。無風状態がやって来ます。しかし「結婚願望」そのものはなくならないでしょうし。むしろ、焦りがない分、落ち着いて考えられるかもしれません。実際に次の結婚運が巡って来るのは来年(2015年後半)ですから、それまでは新たな出会いを模索するなり、愛を育てるなりジックリ構えて過ごしましょう。結婚につながるような出来事は9月中旬・下旬、12月中旬・下旬にありそうです。しかし今期のゴールインは難しそうです。

第11位 天秤座……秋に訪れるチャンスを逃さないで!

 ハッキリ言って、今年前半のチャンスを逃してしまった天秤座。今年の後半はかなり自助努力をしないと、ウェディング・ベルを鳴らすのは難しいでしょう。結婚に興味がないならほかのことに意識を向ければいいのですが、12星座の中では最も「人生のパートナー」を求める気持ちが強い天秤座ですから「したいけど、できない」はつらいでしょう。今期は数少ないチャンスにかけるしかありません。10月上旬・中旬、そして12月中旬・下旬の時期は結婚への扉が少しだけ開きます。頑張って滑り込んでください。

第12位 乙女座……自分の心と向き合ってみて

 「ああ、最下位……やっぱり……」と妙に納得しているかもしれませんが、それ以前に、あなたはそもそも「結婚したい気持ち」はありますか? 「そう言われると……」そんな曖昧さが、あなたを結婚から遠ざけている原因なのです。もしかしたら普段から、恋愛相手の「結婚に対する意欲」を折るような発言をしたり将来に関する話題を逸らしたり……。一度真剣に自分の心と向き合ってみましょう。チャンスがまったくないわけではありません。9月中旬・下旬、そして12月中旬・下旬あたりは、少しは心境の変化があるでしょうから。

 今の時代、どんなに結婚を望んでも、ある程度自分で動かなければ望みをかなえるのは難しいでしょう。とはいえ、闇雲に動いても空回りするだけです。「いつ動けば望むような結果が出せるのか」星の動きを参考にしてみてください。
(ビギー・ネプテューン)

フォローする