今日の運勢
10月1日(土) 1位 水瓶座 総合運 ★★★★★ 詳しく見る >>

【12星座の頭の中】【12星座の頭の中】山羊座は生涯の人生設計 ノープランなんてありえない!

atama-yagi
私の人生計画、何%達成したかな

 あの人の頭の中をのぞいてみたい……と、思ったことがありませんか? なにやら考えごとをしているように見えるとき、仕事中のひととき、エッチの最中、あの人はどんなことを考えているのでしょうか。実はそんな無意識状態には、星座ごとの典型的な脳内パターンがあるのです。12星座の頭の中を、こっそり見てみましょう。

山羊座の頭の中は?
・計画……30%
・世間体……30%
・権力……20%
・嫉妬……20%
山羊座の基本性格

・計画……30%
 山羊座の人生には、行き当たりばったりはありえません。夏休みの計画表のように、自分の未来もきっちりと計画し、そして必ず計画通り実行します。……もちろん100%とはいきませんから、その都度計画を修正していくので、「計画通り進んでいるか?」「現在の進捗度は?」「達成まであとどのくらい?」と、常に計画について考えているということになるのです。山羊座の機嫌がいいときは、計画通り物ごとが進んでいるときです。

・世間体……30%
 山羊座の計画に最も大事なのが「世間体」です。目標を立てるのにも、世間の常識が基準になります。どんな学校に入るか、どこに就職するか、どんな恋人を選ぶか……。山羊座はどんな分野でも標準よりも上を目指します。標準以下は耐えられません。だから、たとえどんなに自分が好きなことでも、世間から「恥ずかしい」とレッテルを貼られるのならば、隠し通します。逆に世間的に見栄えのいい資格や役職、肩書きは積極的にアピールします。

・権力……20%
 山羊座にとって「権力」という言葉には、甘美な、あらがいがたい魅力があります。せっかく生まれてきたからには、人を従える大きな力を持ちたい、という願望が心の底にあるのです。その願望の裏側には、子どもの頃から自己評価が低く、外見や能力、才能などにコンプレックスがあったり、兄弟間で比べられたりして屈辱を味わい、だからこそ「人に認めてもらいたい」と思うようになったという、山羊座の悲しい過去が秘められているのです。

・嫉妬……20%
 人に認めてもらいたい、人より上に立ちたいと思う山羊座にとって、常に頭の片隅には、誰かに対する嫉妬心があります。異性に媚びるのが上手でモテる同僚に、年が若いというだけで可愛がられる後輩に、誰にでも尊敬される先輩に……。顔には出しませんが、メラメラと嫉妬の炎を燃やしています。誰かと比べられるのが山羊座にとって最大の苦痛です。とはいえ、嫉妬心が苦労を乗り越えてがんばる原動力にもなっているのも事実。

山羊座の生き方

 山羊座はわざと厳しい道を選びます。ぬるくゆるい生き方はできないし、他人がぬるくゆるく生きているのも腹が立ちます。厳しい道を選ぶのは山羊座がマゾだからではなくて(多少その傾向はあるかもしれませんが……)、厳しければ厳しいほど乗り越えたあとで大きな喜びを得られると知っているからなのです。働き者のアリとお気楽者のキリギリスの童話なら、山羊座は間違いなくアリタイプ。寒い冬のために、不眠不休で働き続けるのです。

山羊座の恋愛

 強いコンプレックスを持つ山羊座は、好きになっても自分から積極的に行動することができません。好きな人の仕事を陰からそっとサポートしたり、涙ぐましい努力で尽くします。どんな苦労も何でもないという顔でいるので、相手に想いが伝わらず、悲しい片思いとなってしまうことも。それほどに愛情が深い山羊座は、相手の裏切りは絶対に許しません。両思いになったら、浮気しないように恋人のスケジュールをしっかり管理します。

山羊座の好きな人・嫌いな人

 自分にも人にも厳しい山羊座は、だらしない人やいいかげんな人が大嫌い。才能だけでチヤホヤされて努力していない人や、生まれつき恵まれている人も見ているだけでムカつきます。好きな人は、歴史上の偉人です。あとは、自分の思うとおりになる人。山羊座の人間関係は「上下」が基本なので、なかなか、対等な関係を築くことができません。

そんな山羊座と縁が深い星座は?

 12星座イチの苦労人で、12星座イチのがんばり屋の山羊座は、一見とっつきにくく無愛想ですが、噛めば噛むほど味が出る、付き合いが深くなるほど、深い味わいを感じさせてくれる人です。そんな素顔の山羊座と縁がある星座とは?

第1位 蠍座……お互いの腹の底まで探り合って、親友に。
第2位 蟹座……振り回されながら強く惹かれ合う相性。
第3位 乙女座……理想のカップルになれる2人。

 大器晩成型の山羊座は、若い頃苦労したぶんだけ、年を重ねていくほどに、人にも慕われ、生活も豊かになっていきます。そのために今、がんばっているのです。
(高橋桐矢)

フォローする