今日の運勢
12月8日(木) 1位 蟹座 総合運 ★★★★★ 詳しく見る >>

【12星座の頭の中】【12星座の頭の中】魚座は妄想でいっぱい! あることないこと考え中

【12星座の頭の中】魚座は妄想でいっぱい! あることないこと考え中

 あの人の頭の中をのぞいてみたい……と、思ったことがありませんか? なにやら考えごとをしているように見えるとき、仕事中のひととき、エッチの最中、あの人はどんなことを考えているのでしょうか。実はそんな無意識状態には、星座ごとの典型的な脳内パターンがあるのです。12星座の頭の中を、こっそり見てみましょう。

魚座の頭の中は?
・夢……50%
・同情……30%
・カワイイもの……10%
・自己憐憫……10%
魚座の基本性格

・夢……50%
 夢は夢でも、魚座の頭の中の半分を占めているのは昼間見る夢、つまり「妄想」。片思いのあの人とのアレコレや、もし○○だったら、将来のステキライフまで、色とりどりの楽しい妄想でいっぱい。登場するのは二次元キャラに、タレント、近所のコンビニの店員さん、同僚と、実在も非実在もなんでもあり。魚座がぼうっとしているときは、脳内で妄想ストーリーがクライマックスを迎えているのです。そっとしておいてあげましょう。

・同情……30%
 魚座は、息をするように人の気持ちに同調してしまうので、つらい人、可哀想な人には、同情しないではいられないのです。ただし、本当に相手のためを考えているかどうかは疑問です。ただ一緒に泣いて終り、となりがちだからです。「同情するなら金をくれ」と言われたら、言われるままお金を出しそうな魚座ですが、結局根本的な解決にはなりません。何もできないとわかっていても、魚座は今日もつらい誰かの横で涙を流しているのです。

・カワイイもの……10%
 魚座の判断基準は「カワイイ」か「カワイクナイ」か。巨大な齧歯目カピバラも、お相撲さんのおなかも、キモカワゆるキャラなど、魚座的感性で「カワイイ」ジャンルに入るものは、すべて文句なしに素晴らしいのです。カワイイ食べ物、カワイイ文房具、カワイイ人や動物。魚座の私的空間は、とにかくカワイイものでいっぱい。味や使い心地、実用性は二の次です。カワイイものなら、間違いなく魚座のお気に入り決定です。

・自己憐憫……10%
 魚座の同情心は、自分自身にも向けられます。たまたま予定がない日曜日、「恋人もいない自分はかわいそう」と考え始めたら止まりません。「こんなとき誘ってくれる友達もいない」から、「会社で邪魔扱いされ」「遊びに行くお金もなく」と被害妄想も加わり、最終的には「世界で一番かわいそうな自分」ということになり、枕を涙に濡らして眠るのです。自己憐憫は、魚座の心のデトックスのようなものなので、一通り終えるとあとはスッキリ。

魚座の生き方

 魚座の人生は、人によってかなり違います。違う理由は、魚座が流されて生きる人だから。どうしようもないロクデナシの恋人を持った魚座は一緒にドロドロと沈んでゆき、自立した大人の関係を作ろうとするパートナーを持った魚座は期待に応えようと頑張ります。つまり、魚座の人生は環境次第。幸せになりたいなら、幸せな友達を作ることです。生来の同情心から、不幸オーラやダークサイドに引寄せられやすい点は、要注意。

魚座の恋愛

 魚座は恋すると、相手の期待に100%応えようとします。ショートカットが好きと言われれば髪を切り、会いたいと言われれば仕事を休んでも飛んでいき、お金がないと言われれば無理しても払います。と同時に、本命じゃないけれどキープしている相手のことは適当にいい加減にあしらい、お金も出させて足に使う、といった悪魔的な顔も。魚座の恋は、「自分が貢いで尽くす」か、「相手に貢がせる」か、両極端になりやすいのです。

魚座の好きな人・嫌いな人

 基本的には嫌いな人はあまりいないのですが、怖い人が苦手です。声が大きすぎる人、威圧的な人の前では、ちぢこまってしまいます。好きな人は、自分に好意を持ってくれる人。好意を示されると同性異性問わず、来る者こばまずで、受け入れてしまいます。さらに好意を装って近付く詐欺師にも無防備なので、何度かダマされた経験があるはず。

そんな魚座と縁が深い星座は?

 来る者こばまずな魚座ですが、自分から積極的に人に近付くことはあまりないので、どうしても向こうから来てくれる人と親しくなることが多いでしょう。それでも縁の深い星座とは時間をかけて絆を深めていきます。その星座とは?

第1位 蠍座……長い時間をかけて強い絆を築くことができる関係。
第2位 蟹座……頼ったり頼られたり家族以上に親しくなれる。
第3位 山羊座……何かとフォローしてくれて、長く付き合える。

 魚座は優しくされると誰にでもすぐに心を開きます。場合によってはトラブルのもとにもなるのですが、そこが魚座の最もいいところでもあるのです。
(高橋桐矢)

フォローする