今日の運勢
10月1日(土) 1位 水瓶座 総合運 ★★★★★ 詳しく見る >>

12星座あるある【ダイエット】双子座は流行のダイエット法に飛びつきすぐ挫折

12星座ダイエットあるある! 双子座は流行のダイエット法に飛びつきすぐ挫折
ダイエットは始めることに意義がある!

 冬の間にダイエットして、スッキリと春を迎えたいと思っている人も多いはず! ところが、「今度こそ痩せる!」と決めて始めたダイエットがどうしても続かない、なぜかいつも失敗してしまう、ちょっと痩せてもすぐリバウンドしてしまう、の繰り返し。やみくもに何度もトライするのではなく、ありがちな失敗や問題点を知ることからスタートしませんか? 今回は12星座別に、ダイエットでよくある失敗、なってしまいがちなことについて理由と対策法をご紹介していきましょう。

牡羊座……早食いで食べ過ぎる

 活動的な牡羊座は、よく動き、よく食べるタイプ。そんな牡羊座の一番の問題点は「早食い」。ほかの人が1人分食べ終わる前に、1.5人分をペロリ。好きな献立は、手早く食べられる丼物や大皿料理。本当はダイエットのためには、よく噛んでゆっくり食べるべきなのですが、生来のせっかちは治しようがありません。せめて、早く食べ終わったら食事時間は終了として、さっさと歯磨きをしてしまうようにしましょう。

牡牛座……まずいダイエットレシピに耐えられない

 美食家の牡牛座は、そもそも粗食に耐えられません。バターや生クリーム抜きの脂っ気なしのぱさぱさの洋食や、脂ののったトロの刺身なしの和食なんて、我慢できないのです。そんな牡牛座にとって、おいしいダイエットレシピを探求することが、自分にもみんなにも役立つ最高のダイエットとなるはず。おいしくて低カロリーなお菓子や、少量で満足させてくれるレストラン探しが第一歩です。

双子座……流行のダイエット法に飛びつきすぎ

 カーヴィーダンス、○○抜きダイエット、レコーディングダイエット……双子座は流行りのダイエット法はどれも一通りやっているでしょう。なのに痩せられないのは、全部途中のまま放り出して、次に飛びついてしまうから。食事制限にしろ、運動にしろ、体の中から変わるには3カ月はかかります。どうしても絶対に痩せたいのなら、ダンススクールに通うなど、強制的に続けなければならない状況にするといいでしょう。

蟹座……ダイエット食を自炊するのに、ついつまみ食い

 家庭的な蟹座は、料理が得意な場合が多いでしょう。ダイエットする場合も、ダイエットレシピを自分で工夫して作り、お弁当を持っていったりします。それなら順調に痩せるはずですが、大きな問題が。せっかくのダイエットレシピなのに、作りながらほとんど無意識にちょいちょいとつまみ食いしてしまうのです。つまみ食いした分だけ、食事の量を減らさなくてはなりません。

獅子座……面倒くさがり

 獅子座は、よく言えば細かいことにはこだわらない寛大な人ですが、悪く言えば面倒くさがり。ダイエットのためのカロリー計算やら、体重や生活の記録やら、もうなにもかも面倒くさくてやっていられないのです。かといって、○○抜きなど極度に簡略化されたダイエットは、リバウンドしやすいのでオススメできません。獅子座がダイエット成功したいなら、面倒みてくれる家族や友達を作るのが早道でしょう。

乙女座……体調を崩してリバウンド

 マメな乙女座は、ダイエットのためのカロリー計算など細かい作業を苦にしないタイプ。普段から自己管理できているので、ダイエットも成功する確率が高いでしょう。そんな乙女座の唯一の弱点は、もともとあまり頑丈な体ではないので、風邪をひいたり体調を崩したりするとやつれて基礎代謝が減り、リバウンドしてしまいやすい点。成功の秘訣は、“健康第一”。無理は禁物です。

天秤座……女子会に誘われて、おいしいものを食べてしまう

 美意識が高く、ダイエットへの意欲は十分ある天秤座ですが、おいしいものや楽しいこと、特に友達とおしゃべりしながらおいしいものを食べる誘惑には、ものすごく弱いのです。「ダイエット中だからハーブティーだけにしておくね」が、「ケーキ1個だけなら」になり、「せっかくだから、あれもこれも」となし崩しに。ダイエット期間中は女子会には行かない、というくらいの決意が必要です。

蠍座……モチベーション不足

 強い意志力と粘り強さを持つ蠍座は、ダイエットしなければならない理由が明確であれば、ちゃんと目標達成できる人。もし失敗してしまうなら、そもそもダイエットしなければならないというモチベーションが足りないのでしょう。「痩せたほうがモテそうだから」では足りません。「スリムタイプが好きなあの人に愛されたい」「この服をどうしても着たい」など、具体的になれば成功確実です。

射手座……ダイエットしていることを忘れる

 おおらかで楽天的な射手座、決して記憶力が悪いわけではないのですが、重要なこと以外はすぐに忘れてしまいます。がっつりパスタを完食してから、「そういえば今、炭水化物抜きしてるんだった」と思い出す始末。体重記録も忘れ、そのうちになんのためにダイエットしようと思っていたのかも忘れ……。忘れてしまうのは、射手座にとって重要ではないからなのです。ダイエットは必要ありません。

山羊座……肌荒れして、やつれて挫折

 ストイックで忍耐強い山羊座は、ダイエットをする場合、必要以上に厳しいプログラムを組みがち。油分一切なしだったり、カロリー摂取をぎりぎりまで制限したり。厳しすぎるダイエットでは、肌荒れ、髪の傷み、貧血、生理不順などの問題が発生します。最悪、拒食症になってしまう可能性も……。山羊座にはむしろしっかり食べて、体を動かして絞っていく系のプログラムのほうが向いています。

水瓶座……言い訳が多い

 水瓶座は理屈っぽい星座。ダイエットをしよう! と思い立ったのはいいものの、いざ実行するとなると、すぐにあれこれと言い訳や屁理屈を考え出します。「痩せたからキレイになるわけじゃない」「厚生省平均体重内」「ちょいぽちゃが今の主流」などなど。結局、なにもしないうちに「もういいや」という結論に。考える前に実行するクセをつけないと、いつまでたっても永遠にダイエットを始められません。

魚座……飲み会で飲み過ぎ、食べ過ぎ

 流されやすい魚座にとって、もっとも危険なシチュエーションは飲み会。飲まない魚座も、場の雰囲気でいつも以上に食べてしまいがちなので要注意。飲み会でなく家飲みの場合も、酔うほどに果てしなく意志薄弱になっていき、食べるはずではなかった冷蔵庫の奥のものまでいつのまにか食べていたりします。ダイエットを公言して、誰かにセーブしてもらうのが一番確実でしょう。

 どんなダイエット法でも、ちゃんと結果が出るまでには3カ月はみておきたいところ。各星座のあるあるを乗り越えて、理想のスタイルで薄着の季節を迎えましょう!
(高橋桐矢)

フォローする