今日の運勢
7月24日(日) 1位 蟹座 総合運 ★★★★★ 詳しく見る >>

【満月の日の過ごし方】10月8日は牡羊座満月は「皆既月食」! 怖れを手放して前向きな自分を手に入れよう

  • 運勢
mangetu1410

 10月8日は満月です。今回は「月食満月」。満月は達成、成就の時。さまざまな結果が出やすい時期なので、新月で決めた夢や目標の進み具合を見つめ直すことに適しています。満月で、不調和なものや改善点が見つかったら、欠けゆく月の期間で手放していきましょう(詳しくはこちら)

牡羊座満月の特徴は?
【満月が起こる場所】牡羊座
【満月になる時刻】10月8日19:51
【牡羊座満月のキーワード】「自己肯定感」「情熱的」「スピーディー」「冒険心」「エネルギッシュ」「直感力」……etc.

 今回の満月は「牡羊座」で起こります。牡羊座は12星座の中で最初に位置する星座。始まりのパワーが強く、生まれたての子どものような生命力の強さを象徴します。いつもより自分らしさを意識したり、自己主張や積極性が開かれやすくなる時。ふだん消極的な人や、今現在自分が進む方向などに迷いがある人は、この満月のパワーを積極的に使っていきましょう。

 さらに今回の満月は「月食満月」。食が起こる時の満月は通常よりパワフルで、その瞬間のホロスコープ図の影響は数カ月続くと考えられています。この日は、月の後ろに改革の「天王星」が重なり、行動力の「火星」や幸運の「木星」と調和の角度。「自分のやりたいこと」や「自分のあるべき姿」を見直すのに適した時となるでしょう。

牡羊座満月の過ごし方

 満月は人と会ったりイベントに行くなど、楽しく過ごすことに適した日。ただし、今回の満月はとてもパワフルなので、気分が高揚しすぎたり攻撃的になったりと、ちょっと注意が必要な面も出てきそう。感情面に不安がある人は、1人で過ごすのが正解かもれません。

 誰かと過ごす人も、1人で過ごす人も、オススメなのは月食の観測。今回の月食満月は日本のほぼ全域から観測することが出来る「皆既月食」です。皆既食となるのは19時25分から20時25分頃。満月が「赤銅色」と呼ばれる赤黒い色に見えます。

 赤は牡羊座のラッキーカラーでもあり、行動力や生命力を刺激する色。日頃は見られない暗赤色の月からエネルギッシュな牡羊座パワーを授かって、「満月の手放し&改善ワーク」で自分らしい生き方を探ってみましょう!

牡羊座満月にオススメの「手放し&改善ワーク」

 牡羊座満月では、下記のような手放しや改善をするのがオススメです。

★手放し&改善の例★
・怖れや不安を手放して、未知の世界へ飛び込める勇気を手に入れる
・自分への厳しさを手放して、ありのままの自分を受け入れる
・結果や金銭ばかり気にする計算高さを手放して、楽しいことへと行動を起こしてみる
★魚座的特徴が悪く出ていないかもチェックを!★
「まわりを見ずに自分一人で突っ走ってしまう」
「失敗しても反省しない」
「つねに一番でいたいと思ってしまい、周囲に競争や勝負を仕掛けてしまう」

 このようなことが思い当たったら、手放しを誓ってみましょう。

 今回の手放し&改善ワークは、暗赤色の満月を見ながら行うのが理想的ですが、万一の天候不順や、仕事の都合などで月が見られない人は、赤い色のものを見ながら手放しや改善を誓ってみましょう。牡羊座のラッキーカラーであり、行動力や生命力を象徴する赤が、あなたの中に眠る牡羊座的な情熱を呼び覚ましてくれるはずです。

 また、半月前の「天秤座新月の願い」や、半年前の「牡羊座新月の願い」の進捗状況もチェックを。うまく進んでいる物ごとはそのまま進めて、不調和のあるところは満月に改善を誓いましょう。

 曇りや雨で月が見えなくても、満月のパワーは地上に降り注いでいます。雲の向こうにある満月に思いを馳せて、そのエネルギーを感じてみてくださいね。

次の新月へのアプローチ

 次の新月は10月24日、蠍座の位置で「日食新月」となります。蠍座は冥王星を守護星に持つ「死と再生」を司る星座。一方、日食も「一度死んで生まれ変わる」ことを象徴するため、次の日食新月は、強い「生まれ変わりの力」が働くことが予想されます。

 今回の牡羊座満月で「本来の自分自身」や「なりたい自分像」が明確になったら、欠けゆく月の期間に、今の自分には不必要と思えるものを手放していきましょう。特に過去の恋愛、過去に追っていた夢に関するものなど、「昔の自分」を象徴するものは積極的に手放して。

 手放しが苦手な人は、10月19日~23日の頃に集中して整理するのがオススメです。浄化パワーの高まった新月直前の月が乙女座と天秤座を運行するので、生活を整える気持ちや美意識が強く働き、手放しを助けてくれます。

 生まれ変わる時には身軽であるに越したことはありません。日食新月を迎える前に、過去の足かせから自由になって、新しい幸せを願える状態を作っておきましょう!
(永沢蜜羽)

フォローする