今日の運勢
12月4日(日) 1位 双子座 総合運 ★★★★★ 詳しく見る >>

大人になるほどこじれてきます12星座【こじらせ女子】ランキング 蠍座は悲観的、山羊座は真面目な分だけこじれてる!

  • 恋愛
12rank-kozirase

 綾瀬はるかさん主演の水10ドラマ『今日は会社休みます。』(日本テレビ系)が話題になっています。綾瀬さん演じる青石花笑は、処女のまま三十路に突入した地味OL……いわゆる「こじらせ女子」です。自分の「女性性」に自信が持てず、その結果こじらせてしまう星座は果たして……!?

第1位 蠍座……何でも悲観的&ネガティブ解釈

 多くの蠍座女性は、「謎のカリスマ」を放っています。大物オーラってやつですね。そのため、周囲から「近寄りがたい」と敬遠されるシーンがしょっちゅう。「私のカリスマゆえにみんなビビッているのね」と捉えられればラクなのでしょうが、すべての物ごとに対して悲観的な蠍座は、「どうせ私は誰にも相手にされないんだ」とネガティブ解釈! 「だったら私からも行かないし、仮に誰か来てもからかわれているだけ」と決めつけてしまうのです。

第2位 乙女座……女アピールが恥ずかしい

 「乙女」と付くくらいですから、乙女座は恥じらいの星座です。女性性を出すことが恥ずかしくてたまりません。女性性を出すことが許されるキャラもあることはわかっていますが、自分に厳しい乙女座は、「私はそのポジションではない」と、不戦敗を決め込みます。オンナとしての負けを認めたわけではなく、冷静に分析した結果、土俵に上がらないことを決意したまで!

第3位 山羊座……真面目な分だけこじらせてます

 山羊座女性は、「超」が付くほど真面目です。その真面目さは、仕事においてはプラス作用として働きますが、異性と話す際はぎこちなさとなって表れることも。会話の節々に、「普通に考えると……」と、常識的な発言が出てしまいます。「常識的に考えると、お泊まりデートはまだ早いんじゃないかしら」など。山羊座本人はこじらえているつもりなど一切ないのでしょうが、男性の目にはこじらせ女子として写ってしまうこともあるようです。

 第4位の蟹座は、居心地のよさや安心感を優先させるので、ドキドキするようなシチュエーションは心臓に悪いと考えています。「愛しているよ」とささやかれても、心臓に悪いので、「ほんまかいな?」とギャグで返してしまうのです。第5位は魚座、三度のメシよりも妄想が好きなので、年がら年中「いつか白馬に乗った王子様が私を迎えにやってくる」とニヤついています。

 第6位の牡牛座は、片想いの段階から「彼を独占したい!」という欲求が出るため、意中の男性がほかの女性としゃべっているのを見ただけでも激しく苦悩します。第7位は牡羊座、こじらせているわけではなく、はなっから「女性性」というものに縁遠いだけです。

 第8位は天秤座、スタイリッシュであることを尊ぶため、ドロドロとした感情を持つことは極力避けたいのです。第9位の水瓶座は、女性にしては珍しく、感情型ではなく思考型。「女性性に自信が持てない」ではなく、「女性性に自信が持てない事実に基づき、別の切り口で勝負する必要性がある」と考えます。

 第10位は射手座、集中力があるので、特定の男性に向かって意識が集中していればこじらせることもありますが、その集中力は数秒で途切れます。口癖は、「ま、いっか」。第11位の双子座は、立ち止まることが大嫌い。こじらせるくらいだったら、次の相手を探します。

 そして堂々の12位、こじらせと無縁の星座は獅子座です。 獅子座のメンタルは真夏の太陽! 底抜けに明るいです。そして超が付くほどの自信家! 「どうせ私なんて……」という感情は、生まれてこのかた湧いたことがありません。これまでも、そしてこれから先もずーっとドヤ顔で生きていきます。

 こじらせ女子は、自己評価が謙虚なのでしょう。その謙虚さを愛しいと思う男性は、少数かもしれませんが必ず存在するはず。運命の男性の登場を楽しみに待ちたいものですね。
(菊池美佳子)

フォローする