今日の運勢
7月31日(日) 1位 蠍座 総合運 ★★★★★ 詳しく見る >>

12星座あるある【初対面編】牡牛座は恥ずかしくて赤面、獅子座は超フレンドリー!

12星座あるある【初対面編】牡牛座は恥ずかしくて赤面、獅子座は超フレンドリー!

 春は出会いの多い季節。新生活がスタートし、仕事やプライベートでも、初めての人と出会う機会も増えてくるはず。いい出会いをするためには、第一印象が大切! 第一印象は、ずっと記憶に残り、「あの人は~だった」とインプットされてしまうからです。そのため、意識して、笑顔を見せたり、話しかけたりするかもしれません。しかし、無意識の行動には、ついついその人特有のクセが出てしまうもの。そこで今回は、星座別に「初対面の人に対して、どんな行動をとってしまうのか」を探ってみましょう。

牡羊座……相手の話を聞かず、自分の話ばかりする

 競争意識が強い牡羊座。初対面でも、その場を仕切りたいと思うでしょう。また、自己顕示欲も強いため、自然と自分の話ばかりするようになります。相手に話を振っても、「へえ、そうなんだ。私の場合はね~」と、自分の話に夢中になりがち。褒めてくれる相手には親切ですが、相手も同じ負けず嫌いなタイプだと、主導権争いが勃発しそうです。

牡牛座……恥ずかしくて赤面する

 マイペースな牡牛座は、環境になじむまで時間がかかるでしょう。人見知りなので、初対面の人と話すのが苦手。特に相手がテキパキ話すタイプだと、ペースが合わず、慌ててしまいそう。根がまじめな牡牛座なので。頑張ってペースを合わそうとすると、どもったり、間違ったことを言って赤面したり……。しかし、そんな誠実な対応が、かえって好印象を与えるはずです。

双子座……「そうですね~」など相槌がむだに多い

 幅広くコミュニケーションを楽しむ双子座。臨機応変で、話題も豊富なので、友達作りがうまいでしょう。しかし、自分の内面を見せるような深い話は避け、軽い情報交換を好みます。ただし、飽きっぽい双子座。相手の話に興味がないと、「そうですね~」と、聞いているふりをしがち。相槌ばかりうって、ほとんど内容を聞いていない……なんてこともありそうです。

蟹座……笑顔を絶やさない

 親しみやすく愛情深い蟹座。人との和を大切にするので、初対面の人に「いい印象を与えよう」と頑張るでしょう。会話をしているとき、黙っているときも、笑顔は絶やしません。受け身なので、自分から積極的に話題提供をすることは少ないかもしれません。しかし、尽くすのが好きな蟹座。相手の話をフォローしたり、喜んでみたりと、気配りは忘れないでしょう。

獅子座……フレンドリーに接する

 親分肌の獅子座。初対面の相手に対しても、堂々としているでしょう。物怖じしないので、最初から親友のように接します。自分大好きの獅子座ですから、敵味方を区別し、自分の味方になりそうな相手にはいろいろ世話を焼くはず。しかし、相手が批判的な態度を示せば、プライドが許しません。はっきりモノを言うので、ケンカになることもありそうです。

乙女座……相手を質問攻めにする

 神経質で、用心深い乙女座。初対面の相手が、自分にとって害があるのか、そうでないのか、見極めようとするでしょう。まずは、相手を徹底リサーチ。きちんとしていなければ気がすまない乙女座ですから、相手の趣味や出身地、どんな食べ物が好きかなど、質問攻めにするでしょう。相手はまるで、就職試験を受けているような気分になりそう。

天秤座……相手の持ち物をやたらと褒める

 12星座イチ、初対面の人とうまく付き合える天秤座。自分の話ばかりすることもなく、押し黙ってしまうこともなく、ソツなく会話をする術を持っています。特に、さりげなく相手を立てることが上手。「そのカーディガン、キレイな色ですね」「その靴、とっても似合っている!」などと褒めまくります。わざとらしくないため、相手も上機嫌、その場も盛り上がるでしょう。

蠍座……極力、視線を合わせない

 用心深い蠍座。秘密主義のため、自分の心の内を人に見せることはないでしょう。すべての人と仲よくしようとは思わないため、愛想笑いはしません。初対面の場では、ひっそり目立たないようにしています。しかし、相手が詮索好きなタイプなら、質問は答えない、視線を合わないなどの防衛体制で臨みます。そのため、謎めいている人と思われているでしょう。

射手座……身体をゆするなど落ち着きがない

 行動的で、自由奔放な射手座。初対面の場所で、かしこまって話していると、どっと疲れを感じるでしょう。じっとしているのが苦手なので、無意識に身体をゆすったり、トントン指で机を叩いたりと、せわしなく動きます。別に、いらだっているわけではありません。身体を動かしていないと落ち着かず、感じたことがストレートに出てしまうのが、射手座の性分なのです。

山羊座……仏頂面になる

 真面目な性格ですが、初対面の人の前では本来のよさを出せない山羊座。自分の感情を押し殺してしまうため、仏頂面になりがち。本人は、その場の雰囲気になじみたいと思っていますが、笑顔が固くなってしまうのです。無理してはしゃごうとしても、長続きはできず、仏頂面に戻ってしまう。じっくり味わいが出るタイプなので、気長に様子を見守っていきましょう。

水瓶座……最初は無口、仲よくなるにつれおしゃべりに

 個性派の水瓶座は、自分とフィーリングが合うか合わないかを重視。初対面の相手とは、まず、自分と価値観が似ているかを、服装や会話の内容からチェックします。そのため、最初は口数が少なくて、おとなしいと思われがち。しかし、相手がユニークで、感性が似ていると思えば、すぐに仲良くなり、たくさんしゃべるようになるでしょう。

魚座……髪によくさわる

 優しくて、甘えん坊な魚座。初対面の人にも、話を合わせようとするでしょう。仲よくしたいという思いが強いため、「相手に嫌われていないかな」と心配します。よほど相手が年下でないかぎり、相手に話の主導権をゆずるでしょう。「照れたように髪をさわる」のも、不安や甘えのあらわれ。「どうか、私を嫌わないでね」というサインなのです。

 初対面の場で、緊張する人もいるでしょう。顔がこわばったり、うまくしゃべれなくても、発する言葉をポジティブなものにすることで、印象もアップできるはずです。
(金森藍加)

フォローする