今日の運勢
7月26日(火) 1位 射手座 総合運 ★★★★★ 詳しく見る >>

苦手な人も顔で解決顔の形でわかる上司の取扱い説明書 丸顔上司は人の好き嫌いが激しい! 

顔の形でわかる上司の取扱い説明書 丸顔上司は人の好き嫌いが激しい! 

 4月は、新しい人間関係を構築する時期ですね。仕事そのものよりも、人間関係がこじれて、職場に行くのが嫌になる人もいるでしょう。特に、上司はあなたのビジネスライフのカギを握っている人物。上手にコミュニケーションをとり、順調にキャリアアップしたいものです。しかし、どの上司も同じ扱いというわけにはいきません。上司の性格によって、コミュニケーションのとり方がまったく異なるからです。そこで、今回は、顔の形による人相学から、上司をどのように攻略すればいいのか、みていきましょう。

丸顔の上司……イライラすると好き嫌いが激しくなる!

 丸顔の上司は、穏やかで人情味あふれるタイプ。職場の雰囲気を大切にし、家族のように部下をまとめようとします。部下が困っていると、親味になって問題を解決しようとするでしょう。しかし、協調性を大事するあまり、スタンドプレーをする部下にはいい印象を持ちません。また、忙しくなるとイライラが態度に出たり、好き嫌いが激しくなる傾向が。丸顔の上司とうまくやるには、笑顔を忘れず、人間として好かれることが最重要。仕事と割り切ってクールになりすぎると、「あいつは苦手」と思われ、距離がどんどん開いていくでしょう。

卵顔の上司……マナーのない人には怒り心頭!

 卵顔の上司は、順応性があり、温厚なタイプ。落ち着いているように見えますが、内心は「人からどう見られるか」をかなり気にしているタイプ。ちょっとしたことで落ち込みやすいでしょう。礼儀正しく繊細なため、言葉使いやマナーがきちんとしていないと相手にしません。特に、プライドの高い卵顔の上司、友達のようにタメ口で話す部下には、怒り心頭! 不満を募らせているでしょう。また、報告なども、「このぐらい、わかってくれるはず」はダメ。きちんとわかりやすく説明することが大事です。

逆三角形顔の上司……仕事ができない人へは手厳しい!

 逆三角形顔の上司は、創造力があり、感性の鋭いタイプ。頭脳明晰で、人が考え付かないアイデアをどんどん出してくるでしょう。しかし、マイペースすぎて、協調性に欠ける点があります。天才肌なので、地道にコツコツ努力している人の気持ちがわからず、「なんで、そんなに時間がかかるの?」と首を傾げることも。そのため、ある程度のパフォーマンスで目立つことは必要です。また、逆三角形顔の上司は理想を追い求めて、できそうもないことを言ったりするため、振り回されないよう気をつけて。

四角形顔の上司……部下に口答えされるのを一番嫌うタイプ!

 四角形顔の上司は、頑固で勤勉、エネルギッシュなタイプです。おおざっぱな性格で、面倒見もいいでしょう。しかし、融通が利かず、部下に口答えされるのを一番嫌うトップダウン型。四角形でも正方形顔の上司は、親分子分のような仁義を大切にします。おしゃべりで機嫌をとるのは無理で、互いに行動を共にし、努力した結果で、部下を評価するでしょう。長方形顔の上司は、抜群の実行力と社交性の持ち主。部下に対しても、「いかに行動しているか」をチェックするので、動かない部下はやる気がないとみなします。とにかく、スピーディに行動することが肝心です。

面長顔の上司……部下の行動を細かく観察するチェック魔!

 ほっそりした面長顔の上司は、センスもよく、洞察力に優れているタイプ。しかし、電話のかけ方から企画書のレイアウト、机の中の整理まで細かくチェックを入れるので、疲れるかもしれません。親切そうに見えますが、自分の内面は絶対に見せない秘密主義者。そんな面長顔の上司とうまくやるためには、こちらも上司の行動を細かく見ること! 雑用があれば引き受けたり、手の足りない部分をフォローすることで、「デキる部下」と印象づけることができるはず。内心さびしがりやの面長顔の上司。さりげなくプライベートの話で盛り上がれば、ぐっと親近感も増すでしょう。

 あなたの上司はどのタイプでしょうか? それぞれの上司の特徴に応じた対処法を身につけて、ストレスのない関係を作っていけたらいいですね。
(金森藍加)

フォローする