今日の運勢
7月26日(火) 1位 射手座 総合運 ★★★★★ 詳しく見る >>

甘い言葉にだまされないで!12星座あるある【男の本音】牡羊座男子の「モテそうだね」は単なる社交辞令!!

  • 恋愛
12星座あるある【男の本音】
わかりあえない男と女

 「笑顔がかわいいね!」「女性として魅力的だよ」なんて、人から褒められれば悪い気はしません。それが、気になる男性からの褒め言葉であれば、さらにうれしいですね。しかし、男性が女性に言う褒め言葉が、すべて本音とは限りません。女性に好かれようとして、本音を隠していることもあるのです。そんな男性からの甘い褒め言葉に隠れた、「男の本音と建て前」を星座別にご紹介。あの人の言葉の裏に、どんな気持ちがひそんでいるのか、さっそく見ていきましょう。

牡羊座……「モテそうだね」=単なる社交辞令です

 肉食系代表の牡羊座男子は、追いかける恋愛が大好き。「なんとかイケそう!」と思った女性に対しては、猛烈アタックを開始します。まずは、「モテそうだね」と社交辞令を言って、女性の反応を確認。微笑んだり、まんざらでもないという態度をすれば、「遊んでタイプ」と勝手に解釈。不機嫌そうな顔をすれば、「愛に飢えているタイプ」と判断するでしょう。

牡牛座……「君の好きにしていいよ」=もうどうでもいいよ

 頑固で、こだわりの強い牡牛座男子。恋人に、「これだけは直して欲しい」と頼まれても、自分の考えや行動を変えようとはしないでしょう。そんな彼が、「君の好きにしていいよ」というときは、危険信号。本音では、「もう、どうでもいいよ」と思っているはず。なんとか、彼を変えたいと、文句を言ったり、説得しようとすればするほど、彼の気持ちは冷めていくのです。

双子座……「ファッションセンスがいいね」=顔はいまいちだけどね

 気軽に女性を褒めることができる、モテ男の双子座。しかし、「ファッションセンスがいいね」「足が長いからジーンズが似合う」など、顔以外のパーツばかり褒める場合、本音は、「顔はいまいち……」と思っているかも。面食いの双子座男子ですから、メイクの腕を磨いて、彼好みの顔に変身しましょう。ただし、メイク落ちしないよう細心の注意を。

蟹座……「君しかいないんだ!」=ほかの女は相手にしてくれないからさ

 愛情深く、ピュアな性格の蟹座男子。一緒に楽しくお酒を飲んだだけで、惚れてしまう恋愛体質です。そんな彼が「君しかいないんだ!」というときは要注意。確かに、その女性しかいないかもしれません。しかし、「好きな女性が君しかいない」のではなく、「君しか(付き合ってくれそうな相手が)いないんだ」という意味。赤い糸より、身近な糸を好む蟹座男子ならではのセリフです。

獅子座……「君、本当は弱いんだよね」=オレのほうが上だからな!

 オレ様キャラの代表、獅子座男子。自分が一番でないと気がすまない性格です。王様気質の彼は、華やかな女王様タイプが好き。しかし、プライドが高く、勢力争いが勃発しがち。いつも強気な彼女が凹んだとき、「強く見えるけど、本当は弱いんだよね」と、やさしく頭をナデナデしてくれるでしょう。本音は、「だから、オレ様のほうが強いんだぜ」という勝利宣言でもあるのです。

乙女座……「いつも頑張っているね」=この女、要領悪すぎ!

 繊細で、なんでもソツなくこなす乙女座男子。彼から、「頑張ってるね」「いつも大変そうだね」と心配そうに言われたら、本音は、「要領が悪いなぁ」と思われているかも。しかし、「自分の苦労をわかってくれる! 」と思いこみ、仕事や人間関係のグチを言えば言うほど、彼はイライラモードに突入。最後は、「君が悪いんじゃないの? 」とサジを投げられそうです。

天秤座……「髪型、変えた?」=まったく似合ってないけど

 気配り上手で、おしゃれな天秤座男子。会話の中でさらりと褒める、高度テクの持ち主。「今日はいつもと違うね」「髪型、変えた?」など、ちょっとした変化も気づいてくれるので、うれしくなります。しかし、女性への要求が高めの彼。いい点ばかりでなく、荒探しもしていることを忘れずに。「ひじが汚いなぁ」「香水キツすぎ……」など、思っていても口には出さないでしょう。

蠍座……「君の可能性をもっと伸ばして!」=そしてオレの元から消えてくれ!

 執着心が強く、嫉妬深い蠍座男子。好きな女性ができたら、2人だけの世界を築いていきたいと思っています。しかし、「君の可能性をもっと伸ばして!」「さらに飛躍すべきだ」など、女性を応援するセリフを束縛したい蠍座が言ったらアウト。まったくの友達として見ているか、「自分のもとから離れて欲しい」という気持ちがありそう。

射手座「一緒にいると落ちつくよ」=刺激がなくてつまらないのだけど

 自由奔放、お祭り人間の射手座男子。とにかく、狙った獲物を追いかけるハンター的な恋愛が信条です。そんな彼が「一緒にいると、落ちつくよ」と言うとき、本音は「刺激がなくなっている」と感じているでしょう。冒険が生きがいの彼は、ドキドキさせてくれる子が好き。そのため、付き合っていない場合は、お母さん。カップルなら古女房のような状態といえるでしょう。

山羊座……「愛しているなんて、軽々しく言えないよ」=言ったら負けだし

 照れ屋で、口ベタな山羊座男子。恋愛には不器用ですが、真面目そうな雰囲気に惹かれる女性も多いでしょう。「愛しているなんて、軽々しく言えないよ」と彼が言えば、「そんなに深く考えてくれているのだ!」とうれしくなります。しかし、本音は、「負けを認めたくない」から。損得勘定が強い彼。そんなに軽々しく彼女に降伏したくない、という思惑があるのです。

水瓶座……「君と結婚する人は幸せだなぁ」=オレはしないけどね

 個性的で、博愛主義の水瓶座男子。結婚しても、女性が所帯じみるのを嫌います。そんな彼が、「君と結婚する人は幸せ」「君の恋人になる人はツイてるな」などと褒めるときは、「(自分以外の誰かが)結婚、恋愛するにはいい人」だと思っているでしょう。好き嫌いが激しいけれど性格がいいため、自分の好みじゃなくても「幸せになってほしい」と思っているのです。

魚座……「オレのすべてを知ってほしい」=もっと甘えさせてくれ!

 甘えん坊の魚座男子。優しそうに見えますが、喜怒哀楽が激しく、子どものような面があるでしょう。しかし、恋愛嗅覚が鋭いので、自分を支えてくれる姐御肌の女性を見つけます。そんな彼が、「俺のすべてを知って欲しい」というときは、「俺のすべてを許し、たっぷり甘えさせて~」というのが本音。彼女に「甘えていいよ」といいながら、たっぷり依存してくるでしょう。

 男性だけでなく、女性も本音と建て前を使いわけているはず。それは、相手との関係をうまくやっていきたいという思いから。建て前ばかりの人間関係も面白くありませんが、本音ばかりでも疲れるはず。そのバランスのとり方が、2人の関係をうまく保つ秘訣なのかもしれません。
(山口詩織)

フォローする