今日の運勢
7月27日(水) 1位 乙女座 総合運 ★★★★★ 詳しく見る >>

【新月のおまじない】5月18日は牡牛座の新月 最上の豊かさと美しさが得られる日!

shingetu1505

 5月18日は新月です。新月とは、月の満ち欠けのリズムに合わせて、約29日に一度、新しく月が生まれる日。このタイミングにお願いごとをすると、月の成長パワーが得られてかなうと言われています(詳しくはこちら)

今回の「牡牛座新月」の特徴は?

 新月はどの星座の位置で起こるかによって、得意分野、エネルギーがあふれている分野に特徴があります。今回の新月の特徴を見ていきましょう。

【新月が起こる場所】牡牛座
【新月になる時刻】5月18日13:13
【ボイドタイム】5月18日13:14~18:28
【牡牛座新月のキーワード】「発達した五感」「継続力」「審美眼」「物質的豊かさ」「官能性」「ねばり強さ」……etc.

 牡牛座は12星座の中で一番「五感」が優れている星座。芸術や美食、肉体的快楽など、感覚を使うもの全般に才能を発揮します。美しいものや心地よいものを独自のセンスで探求する能力はピカイチ。高価な物を見分ける審美眼や、家を心地よい状態に作り上げることなどにも優れています。

 また、牡牛座のもうひとつの大きなテーマは「所有」。物質的な豊かさや、金銭運にパワーを発揮します。安定感があり、長期的に物ごとを継続させる力も兼ね備えているため、「長期スパンでの仕事の計画」や、「安定した収入」なども得意ジャンルとなります。

「牡牛座新月」にオススメのお願いごと

 牡牛座新月でかないやすい願いごとは、「身体的感覚(五感)」や「物質的な豊かさ」に関すること。視覚や聴覚を使った、「絵画」「音楽」等の芸術関係の願いもオススメです。「肉体の官能性」もテーマになるので、性的なことや、マッサージ、アロマテラピー関連なども向いています。メンタルな面では、「根気」「忍耐強さ」「安定感」「生きる喜び」などを願うとよいでしょう。

★お願いごとの例★
「安定して高い収入を得られる仕事に就きたい」
「腕のいい整体師やマッサージ師に出会えますように」
「多くの人が認めるような、芸術的才能を持った私になりたい」
「快適で見た目も美しいインテリアを購入できますように」
「セックスでの快感を得られる自分になりたい」
「じっくり頑張れる忍耐強さが欲しい」……etc.
新月のお願いごとのやり方

 お願いごとのやり方はとても簡単! 好きな紙に2件以上10件以内のお願いごとを書きとめるだけです。ただし、お願いごとを書くときは下記に注意してください。

(1)新月になったタイミングから48時間以内にお願いごとを書く。最大パワーを得たいときは8時間以内に!
(2)お願いごとを書くときは、ボイドタイムを外すのがベター
(3)お願いごとは2件以上、10件以内。それ以上でもそれ以下でもNG
(4)書くときはパソコン等ではなく手書きで
(5)他人を変える願いごとはかなわないと言われているので、あくまでも自分主体に、自分がどうなりたいか、を書く

 ボイドタイムとは、月の力が弱くなり人間の判断や決断に間違いが起こりやすくなる時間のこと。この時間帯はお願いごとの発信に適していないので避けたほうがよいと言われています。お願いごとを書いた紙は、捨てなければ自由にしてOKです。

 今回は新月になってすぐボイドタイムに入ります。お願いごとをするのは、午後6時半以降がよいでしょう。

牡牛座新月のプチおまじない

 今月はお願いごとを書く前に、優雅で上品なイメージのある便箋を用意しましょう。何が優雅かなどは自分の感覚を信じてかまいません。自分が美しいと思える便箋を用意したら、その雰囲気をしばらく眺めて楽しんでから、お願いごとを書きましょう。

 牡牛座の守護星は「愛と美の女神ヴィーナス」を象徴する金星。ヴィーナスは優雅なものや上品なものが大好きです。美しさを楽しむことで、金星のパワーは活性化されます。可能であれば、便箋にローズの香り付けなどをすれば完璧。ヴィーナスがあなたのお願いごとをパワフルに後押ししてくれるはずですよ!

 5月はたくさんの花が華麗に花開く季節。バラをはじめとした「香りの高い植物」は、金星のラッキーアイテムです。うららかな日には公園や植物園などに行って、「美と豊かさを司る金星パワー」を活性化させてみてくださいね!
(永沢蜜羽)

フォローする