今日の運勢
10月1日(土) 1位 水瓶座 総合運 ★★★★★ 詳しく見る >>

好きな映画で世代もばれちゃうっていう……【映画占い】好きな映画は何? 答えでわかる理想の自分・嫌いな自分

映画占い

 その世界に入り込んで感情移入してしまう、そんな映画はありますか? 映画はスクリーンの中で展開される、時間も場所もまったく違う、もう一つの現実です。そして、そこにはあなたも気づかない、自分の本質があらわわれています。それを分析することで、本当の自分が見えてくるのです。

【質問】
 あなたの今一番好きな映画を一本思い浮かべてください。

 さて、どんな映画を思い浮かべましたか? 好きな映画の中にはあなたの人生が投影される傾向が高く、そのため、主人公、ロケーション、恋愛模様など、その映画の要素を分析することで本当の自分が見えてきます。今思い浮かべた映画を思い出しながら、自分の内面をのぞいていきましょう。

主人公……理想の自分

 映画の主人公は、理想の自分をあらわしています。映画の中の主人公の境遇、選択、価値観などは、あなたが「そうありたい」と思うもの。なぜなら、好きな映画は、最もあなたの共感度が高く、その主人公に自分を重ねて見ているからです。現実ではできないことを、映画の中で自己を投影した主人公がしていくことに喜びを感じているのです。一見、実生活と関係ないようなアクション映画の主人公であっても、身近な恋愛をテーマにした映画であっても、主人公は理想のあなたを反映しています。

敵・ライバル・嫌なキャラクター……自分の嫌いなところ

 映画の中で、主人公の敵やライバルなど、嫌なキャラクターはいませんか? ユング心理学では自分の嫌なところを認めたくないため、人は影を生み出すといわれています。その影とは、映画の中の敵や嫌なキャラクターのこと。あなたが嫌だなと思ったキャラクターは、あなた自身の嫌なところのあらわれなのです。

暴力的シーン・アクションシーン……現実への満足度

 派手なアクション映画は見ていてスカッとするものです。そういうシーンが頻繁な映画が好きな人ほど、心に不満を抱えていて、今の自分に満足していません。普段満たされないモヤモヤや不満を、映画に入り込むことによって解消しているのです。また、アクションシーンが多い映画が好きな人は、転職願望や不倫願望が高いということもいえます。

恋愛要素・ロマンス……恋愛願望

 映画における恋愛要素の強さは、あなたの恋愛願望をあらわしています。ただし、恋愛要素とは恋愛映画に限りません。アクションでもSFでも恋愛の要素が含まれていることもあります。映画全体に占める恋愛要素の割合も大切ですが、なにより重要なのが恋の内容。ハッピーエンドではなく、禁断の愛、破滅的な愛、絶対に不可能な片思いなどを描いた作品が好きな人は、恋愛願望が高く、依存傾向があります。逆に恋愛映画であっても、ハッピーエンドで終わるようなものは、比較的恋愛願望は低くなります。恋愛映画であり、悲しい結末を迎える物語などは、恋愛願望がかなり高いといえるでしょう。

ロケーション=現実逃避度

 映画はその中に入り込んで、知らない世界を旅する効果もあります。あなたが特に旅行好きではないのに、各地を旅するような映画を選んだのならば、それは現実逃避の旅にほかなりません。自分のいる場所とまったく違うロケーションが多く登場する映画を選ぶ人ほど、現実逃避度は高くなります。まったく違う場所で展開する映画を見たあとに、そこに行ってみたいという思いが湧けばガイドブック的な見方でそれほど高くはありませんが、そういう思いが湧かなければ、今の居場所に満足していない=現実逃避したい思いが強いことになります。宇宙を舞台にしたSF映画などは、現実逃避度はかなり高いでしょう。

 好きな映画にはあなたの人生が反映されています。以上の5つのポイントで、好きな映画を見返すと、新しい自分が発見できるかもしれません。また、人に好きな映画を聞いて、それを見てみるのも面白いですね。
(タナカアツシ)

フォローする